屋根塗装の劣化を放置していることの悪影響

劣化を放置しているとどうなるか?・・・・雨漏りの原因になります。
 
建物に雨水が浸入すると外壁内部の劣化が進み、建物全体が少しづ腐食が進行していきます。
また建物のコンクリートに含まれているセメントの成分が中性化し本来あるはずのコンクリートの強度も失われてしまいます。
 
雨漏りの浸入が進行していくと湿度が上昇し、シロアリの発生原因ともなり、シロアリに建材が侵食されると最悪の場合、家の建て替えなど大規模工事でしか対処できなくなってきます。
 
屋根は外壁と異なり雨を直接真上から受けますので劣化の進行も早くなります。
長く住む為にも適切なタイミングで塗り替えの工事を行う事をお勧めします。
 

外壁塗装、塗装工事の求人のことならS.K塗装

【TEL】090-5099-9655
【所在地】大阪府高石市千代田5-18-10
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】泉州エリアを中心とした大阪全域


一覧ページに戻る