屋根塗装

屋根はお住まいの中でも一番日光や雨風の影響を受ける場所ですので、その分他の場所に比べても劣化の進行は早い傾向にあります。
しかし、屋根の状態を普段目にすることがないため、現在どのような状態になっているかを確認することができません。
そのため雨漏りのような症状があらわれて初めて、屋根の劣化に気付く場合がほとんどです。

屋根塗装は10年を目安に行うのが良いとされています。
塗替えから10年が経っていない場合でも、大きな台風が来た後は屋根に異常が起きていないか確認することが大切です。

また、外壁に劣化症状が見られる場合、屋根にも同様の症状が起きていることが多く、屋根のメンテナンスも同時に行うことをおすすめします。
(外壁の修繕は足場を組んで行いますので、屋根も同時に済ませる方がトータルでかかる費用は安く済みます。)

劣化の症状が悪化すると、屋根の葺き替え工事のような大規模な工事が必要になる場合があります。
気になることがあれば些細なことでもお早めにご相談ください。

ここがポイント!屋根塗装

■下地調整が重要

塗装工事を行う際は事前に劣化した箇所の補修を必ず行っています。
下地調整を怠ると、塗装工事を行っても塗膜がすぐに剥がれ落ちたり、塗料が持つ本来の性能が出なかったりします。

当社ではヒビ割れを埋めたり、錆を落とすなど、塗膜が下地にしっかりと密着するように細部まで下地調整を徹底しています。

■最適な塗料

値段が高いから良い塗料という訳ではありません。

塗料には数多くの種類があり、屋根材や立地環境に応じて最適な塗料を選ぶ必要があります。
どの塗料が施工にふさわしいかを判断するのが職人としての腕の差が出るところです。
当社はこれまで数多くの塗装工事に携わってきましたので、その知識と技術には自信があります。

一人ひとりのお客様に最適な塗料をご提案いたしますので安心してお任せください。

外壁塗装、塗装工事の求人のことならS.K塗装

【TEL】090-5099-9655
【所在地】大阪府高石市千代田5-18-10
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】泉州エリアを中心とした大阪全域

一覧ページに戻る