シーリング工事

シーリング工事は、ゴムの特性を活かして水分が内部に入らないように施されます。
サイディングやALCといった外壁材のつなぎ目を埋める以外にも、窓のサッシまわりやさまざまな場所で使われています。

シーリング工事は長く快適な生活を送る上で欠かすことのできない工事です。
シーリングを普段気にすることはほとんどありませんが、一度劣化してしまうと雨漏りの原因にもなるので注意が必要です。
10年を目安にシーリング工事を行い、防水性能を万全の状態に保ちましょう。

シーリング工事の種類

■新築工事

建物新築のシーリング材を打つ工事

■打ち替え

既存のシーリングを全て撤去して新しいシーリング材を打つ工事

■打ち増し

既存のシーリング材の上にシーリング材を足して打つ工事

打ち増しは打ち替えに比べて簡易な施工ですので、主に応急処置を目的に行われます。
そのため当社では、打ち増しではなく打ち替えをおすすめしています。

外壁塗装、塗装工事の求人のことならS.K塗装

【TEL】090-5099-9655
【所在地】大阪府高石市千代田5-18-10
【メール】お問い合わせ≫
【対応エリア】泉州エリアを中心とした大阪全域

一覧ページに戻る